メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

新機序のevinacumabでLDL-Cが半減

治療抵抗性高コレステロール血症の第Ⅱ相RCT

 2020年11月20日 05:10
プッシュ通知を受取る

25名の先生が役に立ったと考えています。

 治療抵抗性高コレステロール血症患者に対する抗アンジオポエチン様蛋白質(ANGPTL)3抗体evinacumabは最大用量で治療16週目のLDLコレステロール(LDL-C)値を半減させた。米・Icahn School of Medicine at Mount SinaiのRobert S. Rosenson氏らは、家族性高コレステロール血症ヘテロ接合体(HeFH)を含む治療抵抗性高コレステロール血症患者に対するevinacumabの有効性と安全性を検討する第Ⅱ相試験の結果を米国心臓協会学術集会(AHA 2020、11月13~17日、ウェブ開催)で発表。詳細はN Engl J Med2020年11月15日オンライン版)に同時掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  新機序のevinacumabでLDL-Cが半減