メニューを開く 検索を開く ログイン

重症喘息の新薬、年間増悪率を改善

抗TSLP抗体tezepelumabがP3で主要評価項目達成

 2020年11月20日 05:05
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 アストラゼネカは11月17日、重症喘息治療薬として開発中のtezepelumabについて、国際共同第Ⅲ相臨床試験で主要評価項目とした年間喘息増悪率(AAER)の有意な低減を達成したと発表した。tezepelumabは、アレルギー誘導性サイトカインである胸腺間質性リンパ球新生因子(thymic stromal lymphopoietin;TSLP)の作用を阻害する抗TSLP抗体。承認されれば、ファーストインクラスの新薬となる。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  重症喘息の新薬、年間増悪率を改善