メニューを開く 検索 ログイン

重症喘息の新薬、年間増悪率を改善

抗TSLP抗体tezepelumabがP3で主要評価項目達成

2020年11月20日 05:05

12名の医師が参考になったと回答 

 アストラゼネカは11月17日、重症喘息治療薬として開発中のtezepelumabについて、国際共同第Ⅲ相臨床試験で主要評価項目とした年間喘息増悪率(AAER)の有意な低減を達成したと発表した。tezepelumabは、アレルギー誘導性サイトカインである胸腺間質性リンパ球新生因子(thymic stromal lymphopoietin;TSLP)の作用を阻害する抗TSLP抗体。承認されれば、ファーストインクラスの新薬となる。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  重症喘息の新薬、年間増悪率を改善

error in template: found but mtif was expected