メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  OTプレスリリース »  RAS遺伝子を標的としたマイクロRNA核酸医薬の開発に成功

Oncology Tribune

RAS遺伝子を標的としたマイクロRNA核酸医薬の開発に成功

2020年11月20日 12:04

2名の医師が参考になったと回答 

 岐阜大学連合創薬医療情報研究科特任教授の赤尾幸氏らの研究グループは11月18日、多くのがん種で変異しているRAS遺伝子システムの機能を阻害するマイクロRNA核酸医薬の開発に世界で初めて成功したことを発表した。同氏らはこれまでに5件の国際科学論文で報告し、その効果や作用機構について明らかにしているが今回、新しい治療法が期待されている小児希少がんである横紋筋肉腫に対する効果を確認したという。研究の詳細はCancers 2020年11月10日オンライン版に掲載された。

■岐阜大学のプレスリリースはこちら

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  OTプレスリリース »  RAS遺伝子を標的としたマイクロRNA核酸医薬の開発に成功