メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

RAS遺伝子を標的としたマイクロRNA核酸医薬の開発に成功

 2020年11月20日 12:04
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 岐阜大学連合創薬医療情報研究科特任教授の赤尾幸氏らの研究グループは11月18日、多くのがん種で変異しているRAS遺伝子システムの機能を阻害するマイクロRNA核酸医薬の開発に世界で初めて成功したことを発表した。同氏らはこれまでに5件の国際科学論文で報告し、その効果や作用機構について明らかにしているが今回、新しい治療法が期待されている小児希少がんである横紋筋肉腫に対する効果を確認したという。研究の詳細はCancers 2020年11月10日オンライン版に掲載された。

■岐阜大学のプレスリリースはこちら

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  プレスリリース »  RAS遺伝子を標的としたマイクロRNA核酸医薬の開発に成功