メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

タブレット型ロボット&AI問診でがん薬物療法の治療支援

 2020年11月20日 13:12
プッシュ通知を受取る

 がん研究会有明病院(東京都)と日立製作所は11月19日、医療従事者の業務負担低減策の一環として、がん薬物療法中の患者の体調や副作用状況などの事前確認においてタブレット型ロボットを活用した場合の効果を評価する研究を2020年11月末~2022年3月末に実施すると発表した。がん研有明病院と日立製作所は、2018年度から実施されている戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の事業である「AIホスピタルによる高度診断・治療システム」の研究開発プロジェクトに参画しており、本研究もその取り組みの一つであるという。

■有明病院と日立製作所によるプレスリリースはこちら

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  プレスリリース »  タブレット型ロボット&AI問診でがん薬物療法の治療支援