メニューを開く 検索を開く ログイン

新規抗リウマチ薬で認知症リスク低減

生物学的製剤とJAK阻害薬

 2020年11月24日 05:05
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 米国の保険請求データに基づく研究で、関節リウマチ(RA)患者における認知症発症率は、従来型抗リウマチ薬(csDMARD)使用者と比べて、生物学的製剤(Bio)またはヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬の使用者で低いことが分かった。米・Hospital for Special SurgeryのSebastian Sattui氏らが米国リウマチ学会(ACR 2020、11月5~9日、ウェブ開催)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

米がコロナワクチン特許保護停止を容認

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  リウマチ・膠原病 »  新規抗リウマチ薬で認知症リスク低減