メニューを開く 検索を開く ログイン

高齢者腰痛治療の現状と問題点を整理

80歳以上例を対象に調査

 2020年11月24日 05:00
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 腰痛には画像で診断できない原因不明のものが多く、そのような症例に対しては鎮痛薬の内服治療が行われる。しかし、内服治療では痛みが改善せず、そのために日常生活動作が低下している患者は少なくない。労働者健康安全機構釧路労災病院(北海道)脳神経外科の藤原史明氏らは、原因不明の腰痛には腰椎周辺の末梢神経、関節、筋肉の障害(腰椎周辺疾患)が関与していると考え、神経ブロック治療や末梢神経手術、腰椎手術を適宜選択している。同氏らは今回、高齢者腰痛の現状を調査し、同科における治療方針の利点と問題点を検討。結果を第79回日本脳神経外科学会(10月15〜17日、ウェブ併催)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  運動器 »  高齢者腰痛治療の現状と問題点を整理