メニューを開く 検索を開く ログイン

個人ではなく環境を変える医療を!

『健康格差社会』の近藤克則氏が第79回日本公衆衛生学会で講演

 2020年11月24日 05:10
プッシュ通知を受取る

16名の先生が役に立ったと考えています。

 著作を通じて日本社会における健康格差の存在を指摘し注目を集めた近藤克則氏(千葉大学予防医学センター教授)は、第79回日本公衆衛生学会(10月20〜22日、ウェブ開催)で「健康の社会的決定要因」と題する講演を行った。それはSocial Determinants of Health(SDH)の訳語で、従来のバイオメディカルな医学観では無視されがちな患者の社会経済的要因(所得、教育歴、職業階層など)、人間関係要因(配偶者の有無、独居か否か、ネットワークなど)、環境要因(住宅、居住地域、ソーシャル・キャピタルなど)を指し、健康格差を生み出す主因と考えられている。同氏は、社会疫学の研究者として「社会疫学ではSDHを見いだして満足するのではなく、それを改善しうる介入方法の設計、評価を行うことが使命だ」と述べ、現在までの知見と実践を紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

米がコロナワクチン特許保護停止を容認

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  総合診療 »  個人ではなく環境を変える医療を!