メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  総合診療 »  個人ではなく環境を変える医療を!

個人ではなく環境を変える医療を!

『健康格差社会』の近藤克則氏が第79回日本公衆衛生学会で講演

2020年11月24日 05:10

17名の医師が参考になったと回答 

 著作を通じて日本社会における健康格差の存在を指摘し注目を集めた近藤克則氏(千葉大学予防医学センター教授)は、第79回日本公衆衛生学会(10月20〜22日、ウェブ開催)で「健康の社会的決定要因」と題する講演を行った。それはSocial Determinants of Health(SDH)の訳語で、従来のバイオメディカルな医学観では無視されがちな患者の社会経済的要因(所得、教育歴、職業階層など)、人間関係要因(配偶者の有無、独居か否か、ネットワークなど)、環境要因(住宅、居住地域、ソーシャル・キャピタルなど)を指し、健康格差を生み出す主因と考えられている。同氏は、社会疫学の研究者として「社会疫学ではSDHを見いだして満足するのではなく、それを改善しうる介入方法の設計、評価を行うことが使命だ」と述べ、現在までの知見と実践を紹介した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  総合診療 »  個人ではなく環境を変える医療を!