メニューを開く 検索 ログイン

線維化改善薬が肝硬変患者で治験開始へ

「再生誘導医薬」レダセムチド

2020年11月24日 17:26

14名の医師が参考になったと回答 

 さまざまな細胞に分化する間葉系幹細胞(MSC)を血液中に分泌させることで、損傷した組織の修復を促す「再生誘導医薬」の開発候補品レダセムチドについて、肝臓の線維化が進んだ慢性肝疾患患者を対象に医師主導治験(第Ⅱ相試験)を開始すると、新潟大学大学院消化器内科学分野教授の寺井崇二氏、講師の土屋淳紀氏らの研究グループが発表した。現時点で、線維化を伴う慢性肝炎・肝硬変に対し線維化の改善や組織の再生を促す治療薬はなく、レダセムチドは新たな作用機序を有する薬剤として期待されている。今年(2020年)患者登録を開始し、来年3月までに投与を開始する計画だ。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  線維化改善薬が肝硬変患者で治験開始へ

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで