メニューを開く 検索を開く ログイン

IBD患者の血栓症リスクが予測可能に

約15%は高リスクと判明

 2020年11月26日 05:02
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 消化管に原因不明の炎症が起こる炎症性腸疾患(IBD)に合併する静脈血栓症は、時として命に関わる危険な合併症の1つだ。東北大学大学院消化器病態学分野教授の正宗淳氏、内藤健夫氏らと米・シーダース・サイナイ医療センターの共同研究グループは、静脈血栓症に対する遺伝的リスクの頻度と影響を世界で初めて報告(Gastroentelorogy 2020年10月19日オンライン版)。遺伝データを用いることで静脈血栓症リスクの予測が可能になると発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  IBD患者の血栓症リスクが予測可能に