メニューを開く 検索 ログイン

SGLT2阻害薬は大半の2型糖尿病に使用可能

SGLT1/2阻害薬sotagliflozinの大規模試験2件で判明

2020年11月27日 05:05

6名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 2型糖尿病に対するSGLT1/2阻害薬sotagliflozinの心血管イベント予防効果が、2件の大規模多施設二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験―慢性腎臓病(CKD)を有する2型糖尿病患者が対象のSCORED、急性心不全で入院した2型糖尿病患者が対象のSOLOIST-WHF―で確認された。米・Brigham and Women's HospitalのDeepak L. Bhatt氏らが両試験の結果を米国心臓協会学術集会(AHA 2020、11月13~17日、ウェブ開催)で発表、「SGLT2阻害薬のエビデンスが追加され、このクラスの薬剤が2型糖尿病の大半に使用でき、標準治療の1つとなりうることが示された」と述べた。詳細はN Engl J Med2020年11月16日オンライン版2020年11月16日オンライン版)に同時掲載された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  SGLT2阻害薬は大半の2型糖尿病に使用可能

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD533691 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外