メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

sintilimab+ベバ後発品が肝細胞がんで有望

第Ⅲ相ランダム化比較試験ORIENT-32

 2020年11月30日 05:10
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 切除不能進行肝細胞がんに対しては、マルチキナーゼ阻害薬のソラフェニブおよびレンバチニブが標準治療となっている。中国・Fudan UniversityのZhenggang Ren氏は、切除不能進行肝細胞がんに対する抗PD-1抗体sintilimabとベバシズマブのバイオシミラーによる併用療法の有効性と安全性について、ソラフェニブ単独を対照に検証した第Ⅲ相ランダム化比較試験ORIENT-32の結果を欧州臨床腫瘍学会アジア会議(ESMO Asia 2020、11月20~29日、ウェブ開催)で報告。切除不能進行肝細胞がんに対するsintilimabとベバシズマブのバイオシミラーによる併用療法は、第一選択肢と成りうる可能性を示した(関連記事:「未治療NSCLCへの抗PD-1抗体sintilimab」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  sintilimab+ベバ後発品が肝細胞がんで有望