メニューを開く 検索 ログイン

ホルモン避妊薬で喘息重症化リスクが低減

英・8万例17年間追跡のコホート研究

2020年11月30日 15:30

5名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 プロゲステロン単独を除くホルモン避妊薬が、生殖年齢の女性喘息患者における喘息重症化リスクを若干低減させることが示された。スウェーデン・University of GothenburgのBright I. Nwaru氏らは、英国のプライマリケア・データベースを用いて16~45歳の女性8万例超を17年間追跡した後ろ向きコホート研究の結果をThorax2020年11月23日オンライン版)に発表した。喘息発症後の生殖年齢女性において、ホルモン避妊薬が喘息の転帰に及ぼす影響を検討した縦断研究では最大規模のもの。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  ホルモン避妊薬で喘息重症化リスクが低減

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD533748 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外