メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

ペムブロ+ChemoがPD-L1陽性未治療TNBCで米承認

第Ⅲ相KEYNOTE-355の結果に基づく

 2020年11月30日 10:36
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 MSDは11月27日までに、抗PD-1抗体ペムブロリズマブと化学療法の併用療法について、切除不能の局所再発または転移性トリプルネガティブ乳がん(TNBC)で、かつ米食品医薬品局(FDA)により承認された診断薬を用いてPD-L1の発現が陽性〔Combined Positive Score(CPS)≧10〕と診断された患者を適応に、米FDAが承認したことを発表した。

 同承認は、切除不能局所再発性または転移性のTNBC患者を対象に、一次治療におけるペムブロリズマブと化学療法の併用療法を化学療法単独との比較により検討し第Ⅲ相試験KEYNOTE-355の結果に基づく(関連記事「ペムブロ+ChemoがPD-L1陽性未治療TNBCで奏効」)。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

社会で不織布マスクを推奨の動き

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  OTプレスリリース »  ペムブロ+ChemoがPD-L1陽性未治療TNBCで米承認