メニューを開く 検索を開く ログイン

ロキサデュスタット、保存期CKDに適応拡大

透析導入前の治療選択肢広がる

 2020年11月30日 16:55
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 アステラス製薬は11月27日、低酸素誘導因子プロリン水酸化酵素(HIF-PH)阻害薬のロキサデュスタット(商品名エベレンゾ)について、腎性貧血全般への適応拡大が承認されたと発表した。同薬は、昨年(2019年)9月にファーストインクラスとして「透析施行中の腎性貧血」で承認を取得。今回の適応拡大により、透析導入前の保存期慢性腎臓病(CKD)患者にも投与できるようになる。(関連記事:「HIF-PH阻害薬の実力」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  腎・泌尿器 »  ロキサデュスタット、保存期CKDに適応拡大