メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

多発性骨髄腫へのDCd療法、およびダラツムマブの初回分割投与が承認

 2020年11月30日 15:34
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 ヤンセンファーマは11月27日、再発または難治性の多発性骨髄腫患者に対する抗CD38抗体ダラツムマブ(商品名ダラザレックス)とプロテアソーム阻害薬カルフィルゾミブ、デキサメタゾンとの併用(DCd)療法、並びに用法・用量にダラツムマブの初回分割投与を追加する一部変更申請が承認されたことを発表した。

 今回の承認は、再発または難治性の多発性骨髄腫患者を対象に、カルフィルゾミブ+デキサメタゾン併用療法(Cd療法)を対照としてダラツムマブ+カルフィルゾミブ+デキサメタゾン併用療法(DCd療法)の有効性と安全性を検討した第Ⅲ相試験CANDORの結果に基づく(関連記事「多発性骨髄腫に3剤併用療法が有効」)。今回の承認は、カルフィルゾミブとの併用の抗CD38抗体療法としては、初めてかつ唯一の治療法となるという。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  OTプレスリリース »  多発性骨髄腫へのDCd療法、およびダラツムマブの初回分割投与が承認