メニューを開く 検索を開く ログイン

新型コロナ"疑い例の特徴"をあぶり出す

英・救急部門2万2,000例超のPRIEST研究

 2020年12月02日 05:00
プッシュ通知を受取る

20名の先生が役に立ったと考えています。

 英・University of SheffieldのSteve Goodacre氏らは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の疑いで国内の救急部門に搬送された2万2,000例超を対象に、疑い例の緊急管理に関するPRIEST 研究を実施。その結果、症状および転帰に明らかな差をもたらす患者群が存在することを、PLoS One2020; 15: e0240206)に報告した。なおPRIESTは、英国立衛生研究所(NIHR)から緊急性が高い研究の1つに指定されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  新型コロナ"疑い例の特徴"をあぶり出す