メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  自己注追加でくる病/骨軟化症管理を後押し

自己注追加でくる病/骨軟化症管理を後押し

ヒト型抗FGF23モノクローナル抗体ブロスマブ

2020年12月02日 12:32

1名の医師が参考になったと回答 

 協和キリンは昨日(12月1日)、線維芽細胞増殖因子(FGF)23関連低リン血症性くる病・骨軟化症に対するヒト型抗FGF23モノクローナル抗体ブロスマブについて、在宅自己注射の対象薬剤に追加されたと発表した。同薬はリン利尿ホルモンのFGF23を直接阻害することで骨石灰化障害を改善し、骨の成長・維持に作用する新機序薬。在宅自己注射の対象薬剤となったことは、特に成長期にある小児や通院の利便性が低いくる病・骨軟化症患者にとって朗報といえよう。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

各地で連日30℃超えの真夏日が続く。猛暑だと外来患者は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  自己注追加でくる病/骨軟化症管理を後押し