メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

がんゲノム情報管理センターがウェブサイトを公開

 2020年12月02日 11:57
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 国立がん研究センターは12月1日、がんゲノム情報管理センター(C-CAT;Center for Cancer Genomics and Advanced Therapeutics)の新規ウェブサイト「がんゲノム医療とがん遺伝子パネル検査(下記に関連リンク)」を公開したことを発表した。同ウェブサイトではC-CATの取り組みや登録情報のほか、がんゲノム医療と遺伝子パネル検査について、一般向けに分かりやすく解説されている。C-CATは全国のゲノム医療の情報を集約・保管し、新たな医療の創出に向けた適切な利用・活用を目指して2018年6月に開設された。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  OTプレスリリース »  がんゲノム情報管理センターがウェブサイトを公開