メニューを開く 検索を開く ログイン

ビッグデータで敗血症治療の真実に迫る

 2020年12月03日 05:10
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 東北大学大学院医療管理学教授の藤森研司氏は第48回日本救急医学会(11月18~20日、ウェブ併催)で、急性期の入院医療に特化した診断群分類包括評価(DPC)データから読み解いた敗血症の治療実態について発表。高リスクの敗血症患者に対する吸着式血液浄化療法(PMX)が有効であることや、集中治療室(ICU)入室時のSequential Organ Failure Assessment(SOFA)スコアとICU内での死亡率が相関していることなどを示した。医療の地域格差が問題視される中、ビッグデータの活用が医療の均霑化を推進する鍵を握っているという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  学会レポート »  ビッグデータで敗血症治療の真実に迫る