メニューを開く 検索

ビッグデータで敗血症治療の真実に迫る

2020年12月03日 05:10

12名の医師が参考になったと回答 

 東北大学大学院医療管理学教授の藤森研司氏は第48回日本救急医学会(11月18~20日、ウェブ併催)で、急性期の入院医療に特化した診断群分類包括評価(DPC)データから読み解いた敗血症の治療実態について発表。高リスクの敗血症患者に対する吸着式血液浄化療法(PMX)が有効であることや、集中治療室(ICU)入室時のSequential Organ Failure Assessment(SOFA)スコアとICU内での死亡率が相関していることなどを示した。医療の地域格差が問題視される中、ビッグデータの活用が医療の均霑化を推進する鍵を握っているという。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  学会レポート »  ビッグデータで敗血症治療の真実に迫る