メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  精神疾患 »  Z薬が認知症患者の骨折、脳卒中リスクに

Z薬が認知症患者の骨折、脳卒中リスクに

2020年12月03日 05:05

58名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 ©Adobe Stock ※画像はイメージです

 認知症患者にはゾルピデムやゾピクロンといったZで始まる非ベンゾジアゼピン系薬、いわゆるZ薬(Z-drug)が処方されることが多い。英・University of East AngliaのKathryn Richardson氏らは英国の住民コホート研究において、高用量のZ薬を処方された認知症患者で骨折や転倒、脳卒中のリスクの上昇が示されたとBMC Med2020; 18: 351)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  精神疾患 »  Z薬が認知症患者の骨折、脳卒中リスクに