メニューを開く 検索を開く ログイン

Z薬が認知症患者の骨折、脳卒中リスクに

 2020年12月03日 05:05
プッシュ通知を受取る

56名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 ©Adobe Stock ※画像はイメージです

 認知症患者にはゾルピデムやゾピクロンといったZで始まる非ベンゾジアゼピン系薬、いわゆるZ薬(Z-drug)が処方されることが多い。英・University of East AngliaのKathryn Richardson氏らは英国の住民コホート研究において、高用量のZ薬を処方された認知症患者で骨折や転倒、脳卒中のリスクの上昇が示されたとBMC Med2020; 18: 351)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  精神疾患 »  Z薬が認知症患者の骨折、脳卒中リスクに