メニューを開く 検索を開く ログイン

経口セマグルチド、服用法の周知徹底を

ノボノルディスク記者説明会

 2020年12月03日 13:40
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 ノボノルディスクファーマは11月30日、グルカゴン様ペプチド(GLP)-1受容体作動薬の経口セマグルチド(商品名リベルサス)について、オンラインで記者説明会を開催した。登壇した関西電力病院(大阪市)総長/関西電力医学研究所所長の清野裕氏は「臨床試験の結果から、2型糖尿病に対する治療効果は顕著である」と述べ、世界初の経口GLP-1受容体作動薬に対する期待を示した。一方、服用法については医療従事者に対する周知の必要性を強調した。(関連記事:「国内初の経口GLP-1受容体作動薬が承認」

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

分科会でロックダウンの法整備求める意見

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  経口セマグルチド、服用法の周知徹底を