メニューを開く 検索 ログイン

経口セマグルチド、服用法の周知徹底を

ノボノルディスク記者説明会

2020年12月03日 13:40

4名の医師が参考になったと回答 

 ノボノルディスクファーマは11月30日、グルカゴン様ペプチド(GLP)-1受容体作動薬の経口セマグルチド(商品名リベルサス)について、オンラインで記者説明会を開催した。登壇した関西電力病院(大阪市)総長/関西電力医学研究所所長の清野裕氏は「臨床試験の結果から、2型糖尿病に対する治療効果は顕著である」と述べ、世界初の経口GLP-1受容体作動薬に対する期待を示した。一方、服用法については医療従事者に対する周知の必要性を強調した。(関連記事:「国内初の経口GLP-1受容体作動薬が承認」

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  経口セマグルチド、服用法の周知徹底を

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD533864 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外