メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

米・前立腺がん診断にPSMA-PETが初承認

 2020年12月03日 15:45
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 前立腺がんの細胞表面に高発現する蛋白質である前立腺特異的膜抗原(PSMA)を標的とした診断・治療の検討が進められている。米食品医薬品局(FDA)は12月1日、ガリウム68(68Ga)で標識したPSMAリガンドを用いたPET製剤である68Ga-PSMA-11を、前立腺がん転移および去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)が疑われる症例に対して初めて承認した(関連記事「【解説】PSMA-PET/CTは従来の画像診断よりも有用」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  米・前立腺がん診断にPSMA-PETが初承認