メニューを開く 検索を開く ログイン

HIF-PH阻害薬の登場でGL改訂を展望

 2020年12月04日 05:05
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 近年、新たな腎性貧血治療薬として低酸素誘導因子プロリン水酸化酵素(HIF-PH)阻害薬が臨床導入された。国内では現時点でロキサデュスタット、バダデュスタット、ダプロデュスタット、エナロデュスタットの4剤が承認されているが、使用法はいまだ確立しておらず、副作用についても不明点が多い。東京慈恵会医科大学腎臓・高血圧内科講師の丸山之雄氏は第65回日本透析医学会(11月2〜24日、ウェブ開催)で、HIF-PH阻害薬の登場に伴うガイドライン(GL)改訂の見通しについて展望した(関連記事:「HIF-PH阻害薬の実力」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  腎・泌尿器 »  HIF-PH阻害薬の登場でGL改訂を展望