メニューを開く 検索 ログイン

ぶどう膜炎に新たな治療選択肢が浮上

2020年12月04日 05:00

6名の医師が参考になったと回答 

 関節リウマチ(RA)においては、メトトレキサートを含む従来型合成抗リウマチ薬や生物学的製剤に対して治療抵抗性を示す症例が少なくないが、ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬の登場により、多くの症例において良好な治療成績が得られている。山形大学眼科学教室の金子優氏は第74回日本臨床眼科学会(11月5~25日、ウェブ開催)で、難治性の脊椎関節炎と関節リウマチの併発に両眼汎ぶどう膜炎を合併した症例においてJAK阻害薬のバリシチニブが有効だったケースを紹介。「保険適用の治療薬が限られているぶどう膜炎に対する新たな治療選択肢の1つになりうる」と報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »   »  ぶどう膜炎に新たな治療選択肢が浮上

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD533819 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外