メニューを開く 検索を開く ログイン

グロリオサの誤食でコルヒチン中毒に

 2020年12月04日 18:55
プッシュ通知を受取る

53名の先生が役に立ったと考えています。

 痛風などの治療薬として使用されるコルヒチンは、自然界では植物に含有されている。園芸植物として市販されているユリ科のグロリオサは、コルヒチンを含有しているため、球根の誤食によりコルヒチン中毒を生じることがあるが、報告数は多くない。鹿児島市立病院救命救急センターの稲葉大地氏は、グロリオサの球根を誤食し死亡した症例について第42回日本中毒学会(9月7〜20日、ウェブ開催)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  その他診療領域 »  グロリオサの誤食でコルヒチン中毒に