メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

腫瘍溶解性ウイルス、肝細胞がんで第Ⅰ相開始

アテゾリズマブ、ベバシズマブとの3剤併用で

 2020年12月04日 17:40
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 オンコリスバイオファーマは12月2日、腫瘍溶解性アデノウイルスOBP-301(商品名テロメライシン)について、肝細胞がんを対象に抗PD-L1抗体アテゾリズマブおよび抗VEGF抗体ベバシズマブとの併用投与の安全性、忍容性、有効性を検討する第Ⅰ相臨床試験を開始すると発表した。治験はライセンス先の中外製薬が実施するという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  腫瘍溶解性ウイルス、肝細胞がんで第Ⅰ相開始