メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

肺がんニボイピ療法は日本人でも長期に有効

第Ⅲ相CheckMate-227のサブセット解析

 2020年12月04日 18:20
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 抗PD-1抗体ニボルマブと抗CTLA-4抗体イピリムマブの併用療法は、これまで悪性黒色腫、腎細胞がん、非小細胞肺がん(NSCLC)で長期生存が示され、NSCLCを対象とした非盲検の第Ⅲ相ランダム化比較試験CheckMate-227では、PD-L1の発現にかかわらず全生存期間(OS)の有意な延長が示されている。がん研有明病院(東京都)呼吸器内科部長の西尾誠人氏は第61回日本肺癌学会(11月12〜14日、ウェブ併催)で、CheckMate-227の日本人サブセット解析結果について報告。全症例およびアジア人サブグループの解析結果と同様に、進行NSCLCに対するニボルマブ+イピリムマブ併用療法の持続的な予後改善効果が示されたことを明らかにした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  肺がんニボイピ療法は日本人でも長期に有効