メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

高齢扁平上皮肺がんの標準治療が変わる

結果良好でCAPITAL試験が早期中止に

 2020年12月04日 19:50
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 名古屋医療センター呼吸器科の小暮啓人氏らは本日(12月4日)に記者会見を開催し、化学療法未施行の70歳以上の高齢ⅢB/Ⅳ期扁平上皮肺がんに対するカルボプラチンとnab-パクリタキセルの併用(併用群)の有効性と安全性をにおけるドセタキセル単剤(単剤群)を対照に検証した第Ⅲ相ランダム化比較試験CAPITALの中間解析結果を発表。併用群において、事前に規定していた有意水準に達したため、試験を早期中止したことを報告した。高齢の扁平上皮肺がんの標準治療が変わることが予感される。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  高齢扁平上皮肺がんの標準治療が変わる