メニューを開く 検索を開く ログイン

ドライアイ診断に重要な染色法の要点を解説

診療ガイドラインに基づく眼表面の層別診断

 2020年12月05日 05:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 近年、ドライアイ診療においては眼表面の層別診断(TFOD)、層別治療(TFOT)が重要な指針として確立されており、2019年に公開されたドライアイ診療ガイドラインでも「日常診療に浸透していく」と目されている。大阪大学大学院眼科学教室視覚先端医学寄附講座准教授の高静花氏は、第74回日本臨床眼科学会(11月5日~12月6日、ウェブ開催)でTFOD、TFOTの実施において必須となるフルオレセイン染色のポイントを解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »   »  ドライアイ診断に重要な染色法の要点を解説