メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »   »  ドライアイ診断に重要な染色法の要点を解説

ドライアイ診断に重要な染色法の要点を解説

診療ガイドラインに基づく眼表面の層別診断

2020年12月05日 05:00

5名の医師が参考になったと回答 

 近年、ドライアイ診療においては眼表面の層別診断(TFOD)、層別治療(TFOT)が重要な指針として確立されており、2019年に公開されたドライアイ診療ガイドラインでも「日常診療に浸透していく」と目されている。大阪大学大学院眼科学教室視覚先端医学寄附講座准教授の高静花氏は、第74回日本臨床眼科学会(11月5日~12月6日、ウェブ開催)でTFOD、TFOTの実施において必須となるフルオレセイン染色のポイントを解説した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

学会発表時、特に気にかけていることは?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »   »  ドライアイ診断に重要な染色法の要点を解説