メニューを開く 検索 ログイン

「非常に優れている」ロモソズマブの治療効率

延長試験で新規椎体、非椎体骨折を有意に抑制

2020年12月07日 15:28

2名の医師が参考になったと回答 

 そうえん整形外科骨粗しょう症・リウマチクリニック院長(神戸市)の宗圓聰氏は、国内で昨年(2019年)3月に発売された骨粗鬆症に対する抗体医薬ロモソズマブについて「骨代謝への作用と骨折防止効果」をテーマに、ウェブで開催された第22回日本骨粗鬆症学会/第33回日本骨代謝学会(10月9日~11日、ウェブ開催)で解説。第Ⅲ相試験だけでなくその延長試験においても新規椎体、非椎体骨折を有意に抑制したことを高く評価し、「治療効率が非常に優れている」と述べた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  運動器 »  「非常に優れている」ロモソズマブの治療効率