メニューを開く 検索を開く ログイン

難治性うつ病の新治療、算定基準と実状に乖離

 2020年12月08日 05:10
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 昨年(2019年)6月、日本で治療抵抗性うつ病に対する反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)療法が保険収載され、1回1,200点の技術料が加算できるようになった。それに先立ち、2018年3月には日本精神神経学会が「rTMS適正使用指針」(使用指針)を策定したが、厚生労働省が定める保険算定基準では内容が異なり、実状に即していない点があるという。昭和大学発達障害医療研究所副所長の中村元昭氏が、第50回日本臨床神経生理学会(11月26~28日、ウェブ併催)で問題点を指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  精神疾患 »  難治性うつ病の新治療、算定基準と実状に乖離