メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  睡眠時無呼吸症候群の診療GL登場

睡眠時無呼吸症候群の診療GL登場

36のCQや診療アルゴリズムなどで構成

2020年12月09日 05:00

11名の医師が参考になったと回答 

 日本呼吸器学会と厚生労働省「難治性呼吸器疾患・肺高血圧症に関する調査研究」班監修の下、今年(2020年)7月、新たに『睡眠時無呼吸症候群(SAS)の診療ガイドライン2020(以下、新GL)』が出版された。新GL作成委員会委員長で京都大学大学院呼吸管理睡眠制御学講座特定教授の陳和夫氏は、36項目のクリニカルクエスチョン(CQ)や診療に関するアルゴリズムなどで構成される新GLの要点を、第60回同学会(9月20~22日、ウェブ開催)で解説した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  睡眠時無呼吸症候群の診療GL登場