メニューを開く 検索を開く ログイン

睡眠時無呼吸症候群の診療GL登場

36のCQや診療アルゴリズムなどで構成

 2020年12月09日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 日本呼吸器学会と厚生労働省「難治性呼吸器疾患・肺高血圧症に関する調査研究」班監修の下、今年(2020年)7月、新たに『睡眠時無呼吸症候群(SAS)の診療ガイドライン2020(以下、新GL)』が出版された。新GL作成委員会委員長で京都大学大学院呼吸管理睡眠制御学講座特定教授の陳和夫氏は、36項目のクリニカルクエスチョン(CQ)や診療に関するアルゴリズムなどで構成される新GLの要点を、第60回同学会(9月20~22日、ウェブ開催)で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  睡眠時無呼吸症候群の診療GL登場