メニューを開く 検索を開く ログイン

Go To旅行者でコロナ様症状が2倍に

共同著者の田淵貴大氏がコメント

 2020年12月09日 14:38
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行拡大の勢いが止まらない。感染予防と経済活動の活性化の両立が求められる中、始動したGo Toトラベル事業は、感染拡大にどのような影響を及ぼしたのか。東京大学大学院社会予防医学の宮脇敦士氏らは、大規模なインターネット調査を実施し、Go Toトラベル利用者はCOVID-19様症状の発生リスクが2倍に上ることを明らかにした。詳細は、査読前論文公開サイトmedRxiv2020年12月5日)に公開されている。なお、Medical Tribuneの取材に対し、共同執筆者である大阪国際がんセンターがん対策センター疫学統計部副部長の田淵貴大氏がコメントを寄せた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

社会で不織布マスクを推奨の動き

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  Go To旅行者でコロナ様症状が2倍に