メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

肺癌診療GL2020、薬物療法の改訂ポイント

 2020年12月10日 19:27
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 肺がん治療の進展は目覚ましく、新たな治療や検査の登場により迅速なガイドライン(GL)の改訂が求められる。日本肺癌学会の『肺癌診療ガイドライン』も毎年改訂が重ねられ、今年(2020年)11月に『肺癌診療ガイドライン 2020年版 悪性胸膜中皮腫・胸腺腫瘍含む(以下、2020年版)』が公開された。第61回日本肺癌学会(11月12~14日、ウェブ併催)の教育講演(12月7〜21日、オンデマンド配信)で岡山大学病院新医療研究開発センター臨床研究部教授の堀田勝幸氏は、2020年版の改訂ポイントについて、GL小委員会(薬物療法及び集学的治療小委員会)委員長の立場から解説した(関連記事「肺癌診療GL2019の改訂ポイントは?」)。なお今年は2年に1度の大規模改訂に当たり、冊子版のGLが来年(2021年)1月に刊行予定であるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  肺癌診療GL2020、薬物療法の改訂ポイント