メニューを開く 検索を開く ログイン

コロナの回復期でも血栓症、油断せず予防を

4分の1が回復期に発症

 2020年12月10日 19:13
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 厚生労働省の血液凝固異常症等に関する研究班、日本血栓止血学会、日本動脈硬化学会による合同調査チームは、国内の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で入院中の患者における血栓症の調査結果を発表した。重症例で血栓症の発症が多く見られたが、4分の1はCOVID-19の症状がピークを越えた回復期に発症していたことから、「回復期でも油断してはならない」と注意喚起を行っている。また、その予防策として「COVID-19重症者には抗凝固療法をできるだけ施行し、軽症・中等症者では血栓症の高リスク症例などに選択的に予防的抗凝固療法を実施することが望ましい」と呼び掛けた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  コロナの回復期でも血栓症、油断せず予防を