メニューを開く 検索を開く ログイン

新手法で食物アレルゲン測定を大幅に効率化

ショットガンプロテオミクスアプローチ

 2020年12月11日 10:09
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 食物アレルギーの予防にはアレルゲンの摂取を回避することが有効だが、食物アレルゲンの測定で一般的に用いられる酵素結合免疫吸着測定法(ELISA法)は1種類ずつしか測定できず非効率的であった。そこで熊本大学大学院生命科学研究部の増田豪氏らは、蛋白質の質量分析を効率化する相間移動溶解剤を用いたショットガンプロテオミクスアプローチ(PTS法)を開発。同法が食物中アレルゲン測定の飛躍的な効率化に寄与することをプレスリリースで発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  アレルギー »  新手法で食物アレルゲン測定を大幅に効率化