メニューを開く 検索を開く ログイン

中止?継続?腹部手術時の抗血小板薬

腹腔鏡下大腸切除術200例超の検討

 2020年12月11日 17:29
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 抗血小板薬を使用している患者に対する腹腔鏡手術に際し、術前に同薬を中止するか・継続するかについての一定の基準はなく、安全性は確立されていない。中止すると血栓塞栓症リスクが増加する半面、継続下での手術は出血性合併症リスクを増やす可能性がある。横浜市立大学市民総合医療センター消化器外科の豊田純哉氏、渡邉純氏らは、抗血小板薬継続下での腹腔鏡下大腸切除術(LAC)の安全性を評価する目的で、手術成績と術後短期成績を後ろ向きに検討。結果を第75回日本大腸肛門病学会(11月13日〜12月27日、ウェブ開催)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  中止?継続?腹部手術時の抗血小板薬