メニューを開く 検索を開く ログイン

米・喘息管理GLを13年ぶり改訂

6分野、19の推奨事項示す

 2020年12月14日 05:05
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国立衛生研究所(NIH)は12月3日、喘息管理ガイドライン(GL)を13年ぶりに改訂し、2020年改訂版としてJ Allergy Clin Immunol(2020; 146: 1217-1270)に発表した。改訂版GLでは①呼気一酸化窒素(FeNO)測定②屋内アレルゲン低減③吸入ステロイド薬④長時間作用性ムスカリン受容体拮抗薬(LAMA)⑤皮下・舌下免疫療法⑥気管支熱形成術(サーモプラスティ)−を喘息管理の主要6分野として取り上げ、19の推奨事項を提示している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  米・喘息管理GLを13年ぶり改訂