メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

Oncology Tribune

血中mRNA測定のがん検診への応用を検証する初の大規模臨床試験が開始

 2020年12月15日 15:11
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 国立がん研究センターは12月14日、血液中のマイクロRNAによる乳がん早期発見を目指した大規模臨床試験を開始することを発表した。

 研究では乳がん検診者の血液検体を用いて、13種類のがんを対象にした「体液中マイクロRNA測定技術基盤開発」で開発された診断モデルと技術を応用し、マイクロRNAを測定するという。試験はこの基礎研究での成果を実際のがん検診で応用できるかどうかを検証するために計画され、まずは検出方法の開発が先行している乳がんを対象として初めて実施される。対象はマンモグラフィーで要精検と判定された2,000例、精検不要と判定された1,000例を登録目標としている。

 国立がん研究センターを中心に、国立国際医療研究センター、東京医科大学、日本対がん協会、東レの研究者らで構成し、北海道と福井県、愛媛県、鹿児島の各日本対がん協会支部、がん専門病院、大学病院などの協力が得られているという。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナワクチンの職域接種、先生は接種に参加?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  OTプレスリリース »  血中mRNA測定のがん検診への応用を検証する初の大規模臨床試験が開始