メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

ロルラチニブ、未治療ALK陽性肺がんへの適応拡大を申請

 2020年12月15日 17:50
プッシュ通知を受取る

 ファイザーは本日(12月15日)、第三世代ALK阻害薬ロルラチニブの製造販売承認事項一部変更承認申請を厚生労働省に行ったことを発表した。同薬は2018年9月に、「ALKチロシンキナーゼ阻害薬に抵抗性または不耐容のALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌」の効能・効果で製造販売承認を取得しているが、今回の申請はこれまでの適応症であるALK陽性肺がんのセカンドライン治療に加え、ファーストライン治療薬としても使用できることを目的としており、CROWN試験の結果等に基づくもの。

関連記事:「第三世代ALK阻害薬、特徴的なケモブレインとは

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

iPhone版でも不具合。COCOAアプリは使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  OTプレスリリース »  ロルラチニブ、未治療ALK陽性肺がんへの適応拡大を申請