メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

がん誘発蛋白質に対する標的薬開発に向けて提携:ベーリンガーとProxygen

 2020年12月15日 18:06
プッシュ通知を受取る

 独・Boehringer Ingelheim社とProxygen社は12月7日、さまざまながん誘発蛋白質に対する標的蛋白質分解誘導薬の特定を目指し、提携・ライセンス契約を締結したことを発表した。今回の提携により、Proxygenが持つ独自の標的蛋白質分解誘導薬の創薬プラットフォームと標的蛋白質分解における専門技術を、Boehringer Ingelheimの長期戦略と融合させることで、ファーストインクラスのブレークスルー治療薬をがん患者に提供することが可能となる、という。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  OTプレスリリース »  がん誘発蛋白質に対する標的薬開発に向けて提携:ベーリンガーとProxygen