メニューを開く 検索を開く ログイン

乾癬治療薬2剤、どちらが"実臨床"で有効?

セクキヌマブ vs. ウステキヌマブ

 2020年12月16日 05:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 英・University of ManchesterのZenas Z.N. Yiu氏らは、実臨床データを用いて特定のランダム化比較試験(RCT)を模倣するtarget trial emulationの手法を取った研究により、乾癬治療薬2剤〔抗インターロイキン(IL)-17モノクローナル抗体セクキヌマブと抗IL-12/23p40モノクローナル抗体ウステキヌマブ〕の有効性を検討。結果をJAMA Dermatol2020年12月2日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  皮膚 »  乾癬治療薬2剤、どちらが"実臨床"で有効?