メニューを開く 検索を開く ログイン

KRAS変異を標的としたがん治療を展望

 2020年12月16日 15:23
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 KRAS(kirsten rat sarcoma viral oncogene homolog)は、最も初期に発見されたがんドライバー遺伝子変異の1つである。しかしKRASを直接阻害する薬剤の開発は非常に困難とされ、いまだ承認された抗がん薬はない。そのような中で、最近にわかに注目されているのが、KRAS G12C阻害薬だ。台湾・National Taiwan University Cancer CenterのJames Chih-Hsin Yang氏は、第61回日本肺癌学会(11月12~14日、ウェブ併催)で、KRAS変異を標的としたがん治療について展望した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  KRAS変異を標的としたがん治療を展望