メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

放射線腫瘍学会がCOVID-19の全国実態調査を報告

 2020年12月16日 09:53
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 ⽇本放射線腫瘍学会は12月15日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する第3回実態調査の結果について公式サイト上で公開した。

 同調査は今年(2020年)5月に第1回調査、7月に第2回調査を実施しており、今回は11月20日〜12月4日にアンケートを実施し、243施設から回答が得られた。放射線治療患者数が減少している施設は5⽉、7⽉に比べて減少し、患者・スタッフの感染対策はより徹底され、放射線治療患者数の制限や経過観察期間の延⻑は、以前より緩和されていたという。また、寡分割照射の採⽤施設がやや増加し、主に乳がん・前⽴腺がん・緩和治療で採⽤されていた。前回調査以降、新たに6施設でCOVID-19が発⽣したが、治療休⽌に至る事例はなかった。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪ここまでで感動した場面は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  OTプレスリリース »  放射線腫瘍学会がCOVID-19の全国実態調査を報告