メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  OTプレスリリース »  放射線腫瘍学会がCOVID-19の全国実態調査を報告

Oncology Tribune

放射線腫瘍学会がCOVID-19の全国実態調査を報告

2020年12月16日 09:53

2名の医師が参考になったと回答 

 ⽇本放射線腫瘍学会は12月15日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する第3回実態調査の結果について公式サイト上で公開した。

 同調査は今年(2020年)5月に第1回調査、7月に第2回調査を実施しており、今回は11月20日〜12月4日にアンケートを実施し、243施設から回答が得られた。放射線治療患者数が減少している施設は5⽉、7⽉に比べて減少し、患者・スタッフの感染対策はより徹底され、放射線治療患者数の制限や経過観察期間の延⻑は、以前より緩和されていたという。また、寡分割照射の採⽤施設がやや増加し、主に乳がん・前⽴腺がん・緩和治療で採⽤されていた。前回調査以降、新たに6施設でCOVID-19が発⽣したが、治療休⽌に至る事例はなかった。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  OTプレスリリース »  放射線腫瘍学会がCOVID-19の全国実態調査を報告