メニューを開く 検索を開く ログイン

コロナとギラン・バレー症候群の関連に結論

NHSデータベースを検討

 2020年12月17日 05:05
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 ギラン・バレー症候群(GBS)は、上気道あるいは消化器のウイルス感染に伴い手足の筋力低下や四肢麻痺、脳神経障害などを呈する神経疾患である。原因となる感染症は明確に特定されていないが、中南米におけるジカウイルス感染症の蔓延後に多数のGBS発症が報告されたことから、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)との関連が懸念されていた。そこで、英・University College LondonのStephen Keddie氏らは、GBSとCOVID-19の関連を調査。「COVID-19とGBS発症に関連性は認められなかった」とBrain(2020年12月14日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  コロナとギラン・バレー症候群の関連に結論