メニューを開く 検索 ログイン

甲状腺クリーゼ、死亡減にGL普及が寄与

多施設共同前向き研究の中間報告

2020年12月17日 05:10

1名の医師が参考になったと回答 

 甲状腺中毒症になんらかの誘発因子が加わって発症する甲状腺クリーゼは致死性の疾患である。『甲状腺クリーゼ診療ガイドライン2017』(以下、診療GL)の登場により同疾患の診断と治療への認知が広まりつつある中、日本甲状腺学会はさらなる向上に向け、多施設共同前向き研究を行っている。和歌山県立医科大学内科学第一講座講師の古川安志氏は、第63回日本甲状腺学会(11月19日~12月15日、ウェブ開催)で同研究の中間報告を行い、死亡率の低下が見られ、診療GLの普及が寄与した可能性が示唆されたと発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  甲状腺クリーゼ、死亡減にGL普及が寄与

error in template: found but mtif was expected