メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

甲状腺クリーゼ、死亡減にGL普及が寄与

多施設共同前向き研究の中間報告

 2020年12月17日 05:10
プッシュ通知を受取る

 甲状腺中毒症になんらかの誘発因子が加わって発症する甲状腺クリーゼは致死性の疾患である。『甲状腺クリーゼ診療ガイドライン2017』(以下、診療GL)の登場により同疾患の診断と治療への認知が広まりつつある中、日本甲状腺学会はさらなる向上に向け、多施設共同前向き研究を行っている。和歌山県立医科大学内科学第一講座講師の古川安志氏は、第63回日本甲状腺学会(11月19日~12月15日、ウェブ開催)で同研究の中間報告を行い、死亡率の低下が見られ、診療GLの普及が寄与した可能性が示唆されたと発表した。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  甲状腺クリーゼ、死亡減にGL普及が寄与