メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

リンパ節転移陽性閉経後乳がんは化学療法不要

第Ⅲ相ランダム化比較試験RxPONDER

 2020年12月17日 14:55
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 年齢および21遺伝子アッセイ(Oncotype DX乳がん再発スコア検査)に基づき算出された再発スコア(Recurrence Score;RS)により、腋窩リンパ節転移陰性のホルモン受容体(HR)陽性HER2陰性早期乳がんにおいて、内分泌療法に対する化学療法の上乗せ効果を予測できることが示されている。米・Glenn Family Breast Center at Winship Cancer Institute of Emory UniversityのKevin Kalinsky氏らは、第Ⅲ相ランダム化比較試験RxPONDERの結果から、腋窩リンパ節転移陽性例でもRSと閉経状態により術後化学療法の上乗せ効果を予測でき、また閉経後乳がんでは術後化学療法の上乗せ効果は認められないことを第43回サンアントニオ乳がんシンポジウム(SABCS 2020、12月8〜11日、ウェブ開催)で報告した(関連記事「術後化学療法が回避可能な早期乳がんを判定」「遺伝子+臨床リスクで乳がん再発予測向上」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  リンパ節転移陽性閉経後乳がんは化学療法不要