メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

未治療TNBCへのペムブロ併用効果が堅固に

第Ⅲ相試験KEYNOTE-355

 2020年12月18日 17:05
プッシュ通知を受取る

 切除不能で局所再発性または転移性の未治療トリプルネガティブ乳がん(TNBC)患者を対象に、抗PD-1抗体ペムブロリズマブと化学療法の併用療法を化学療法単独を対照に検証した第Ⅲ相ランダム化比較試験KEYNOTE-355。主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)については、第56回米国臨床腫瘍学会(ASCO 2020)で報告され、PD-L1陽性例における有意な延長が示された(関連記事「ペムブロ+ChemoがPD-L1陽性未治療TNBCで奏効」)。第43回サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS 2020、12月8〜11日、ウェブ開催)では、同試験の詳細な解析結果が発表され、ペムブロリズマブ+化学療法によるPFSの延長は併用する化学療法にかかわらず認められ、PD-L1の発現が高いほど奏効率(ORR)、奏効期間(DOR)、病勢制御率(DCR)が良好であることを米・University of California, San Francisco Comprehensive Cancer CenterのHope S. Rugo氏らが報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  未治療TNBCへのペムブロ併用効果が堅固に