メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

米でFc最適化抗HER2抗体+化学療法が既治療HER2陽性乳がんに対して承認

 2020年12月18日 16:22
プッシュ通知を受取る

 米食品医薬品局(FDA)は12月16日、2つ以上の抗HER2レジメン既治療の転移性HER2陽性乳がんに対し、Fc最適化抗HER2抗体margetuximabと化学療法の併用を承認した。

 margetuximabは免疫グロブリン(Ig)Gの受容体であるFcγ受容体(FcγR)において、活性化型のFcγRⅢa(CD16A)に対する結合親和性を高め、抑制型のFcγRⅡb(CD32B)に対する結合親和性は低下させることによりADCCを活性化している。今回の承認はFCγRが抗HER2抗体の有効性に及ぼす影響を調べる初めての前向き試験であるオープンラベル第Ⅲ相ランダム化比較試験SOPHIAの結果に基づく(関連記事「Fc最適化抗HER2抗体によりPFSが延長」)。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  OTプレスリリース »  米でFc最適化抗HER2抗体+化学療法が既治療HER2陽性乳がんに対して承認