メニューを開く 検索を開く ログイン

コロナの川崎病様症状、本家との違いを解説

 2020年12月21日 16:30
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

 今年(2020年)初頭に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミック拡大に伴い、英国で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染後に川崎病様症状を呈する小児多臓器系炎症症候群(PIMS-TS)が増加し始めた。英・Imperial College LondonのMichael Levin氏は「PIMS-TSはSARS-CoV-2感染の1~5週間後に、発熱・炎症、心筋炎、川崎病様症状、ショック・多臓器不全など幅広い症状を呈し、川崎病とは検査値の特徴が異なる」と第40回日本川崎病学会(10月30~31日、ウェブ開催)で報告。未解明な至適治療法や発症機序について国際的研究が進行中だと述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  小児 »  コロナの川崎病様症状、本家との違いを解説